金利はそれ程重要ではない

カードローンは使い方次第で危険にも便利にもなり得るサービス

金利はそれ程重要ではない

カードローンを利用するなら、少しでもお得に利用できる所を探そうという人は多いです。カードローンのお得さを比較するとすれば、多くの人が金利に着目します。金利が低い方がお得なのは確かにそうなのですが、実は金利はそれ程重要ではありません。

 

金利については、3.0%~18.0%というように幅があるのが一般的です。しかし、最低金利でお金を借りられる人はあまりいません。実際には最高金利が適用される人が最も多い傾向があります。

 

消費者金融のモビット柏市でも下限金利は3.0%と低くなっているのですが、やはり実際に適用がされる金利は上限の18.0%となる場合がほとんどです。特に最短即日で借りるような少額の融資の場合には上限金利となってしまうので、下限金利ばかりを見てしまうと実際の返済負担を見誤る可能性があります。

 

カードローンでは借入可能額が大きい程金利が下がっていきますが、数十万円程度の限度額であれば最高金利かそれに近い金利が適用されます。最高金利で比較をすると各社それ程大きな違いはありません。大手消費者金融なら18.0%、銀行のカードローンなら14.0%~18.0%程度が一般的です。

 

もしも10万円借りた場合の1カ月でかかる利息は、金利18.0%なら1,500円、金利14.0%でも1,166円です。金利が低い分利息が減るのは確かですが、それ程極端な差は出ません。金利による支払総額の差が大きくなるのは、扱う金額が大きい時や、借入期間が長い時です。ちょっとしたお金のピンチで借りる程度であれば、気にするほどの金額の差はありません。

 

むしろ毎月の返済額によっての影響の方が大きく、毎月多めに返済していけるかどうかが重要となります。

サイトマップ