正しい返済計画の考え方

カードローンは使い方次第で危険にも便利にもなり得るサービス

正しい返済計画の考え方

カードローンを利用する時によく言われるのが、ご利用は計画的に、というフレーズです。カードローンで借入れを繰り返せば、返済の負担が大きくなってしまいます。限度額まで借りてしまうと新たな借入れもできなくなります。その為、計画的に返済するというのは確かに大切です。

 

しかし、計画的にと言われても、具体的にどのように返済計画を立てればいいのか分かりにくいのではないでしょうか。

 

利息の計算は日割りで、しかも返済をするたびにかかる利息も変わってきます。例えば金利18.0%で10万円借りた場合、30日後にかかる利息は1,479円です。ここで5,000円返済した場合、借入残高は96,479円です。次の30日後にかかる利息は金額が変わってきます。これを返済の度に計算するのは大変で、現実的ではありません。

 

そこで活用したいのが返済シミュレーターです。カードローンの公式HPには、返済計画を立てるためのシミュレーターがあります。例えば毎月5,000円ずつ返済したらいつまでに完済できるのかという計算や、2年で完済するには毎月いくら返済すればいいのか、などが、簡単に算出できます。毎月の返済額を1,000円上げるだけでも、かかる利息は意外と減ります。

 

借りて言われた金額を返済するだけでなく、シミュレーションで返済のイメージを確認できれば、計画も立てやすくなります。

 

カードローンは返済の計画を持って使わないと危険なサービスとなってしまうので、金利が低い借入れだとしても返済の計画や見通しはしっかりと立てる必要があります。

 

計画を持たずに利用をしてしまうとせっかくの低金利のカードローンも台無しになってしまうので、低い金利で借りられるオリックス銀行カードローンの返済もしっかりとした計画が必要となるのです。

サイトマップ